クラシック KATO E657系[スーパーひたち]基本増結10両フル編成
チャンピオン リバースウィーブ パーカー 90s エンジ 袖Cロゴ L 古着 当院のご紹介

[整形外科 教授]樋口 富士男

☆再生産☆ KATO 10-1111 E657系 <スーパーひたち> 4両増結セット,再生産】(N) 10-1110 E657系 「スーパーひたち」 6両基本セット,ヤフオク! -「e657系 スーパーひたち」(Nゲージ) (鉄道模型)の落札相場,E657系「スーパーひたち」 基本&増結セット | KATO(カトー) 10-1110,KATO 651系「スーパーひたち」4両増結セット 品番:10-1585 #カトー,KATO 651系 スーパーひたち 入線 : 夏島鉄道,
  • 10-1110E657系「スーパーひたち」6両基本セット10-1111E657系「スーパーひたち」4両増結セット全車室内灯取付済み(KATO純正品)方向幕貼付済み(残有り)走行歴はほとんどありません車両自体には、目立つ傷等は見受けられませんが、神経質な方はご遠慮ください付属の説明書・シール(1枚未使

  • 10-1397 E657系「ひたち・ときわ」6両基本セット, 10-1398 E657系「ひたち・ときわ」4両増結セット, 自作のテープLEDにて全車室内灯取付済み(取外し可能), 走行歴はほとんどありません, 車両自体には、目立つ傷等は見受けられませんが、神経質な方はご遠慮ください,

  • 強化工事により、前面にFRPカバーを取り付けた現行の姿を再現。また従来製品とは異なる車番を設定。 行先表示シールの内容を、上野東京ライン開業後の現在の運行形態に合わせた内容に変更。内容は「ひたち 品川/いわき」「ときわ 品川/上野/勝田/高萩」の6種類を用意。

  • 10-1110 E657系「スーパーひたち」 6両基本セット, 10-1111 E657系「スーパーひたち」 4両増結セット, 全車室内灯取付済み(KATO純正品), 方向幕貼付済み (残有り), 走行歴はほとんどありません,

  • カトー カトー 10-1398 E657ケイヒタチ4リョウゾウケツ カトーの完成品Nゲージ車両、E657系 家電・PC・ホビーの大型専門店Joshinのインターネットショップ通販ページ【Joshin webショップ】。

  • 10-1110 E657系「スーパーひたち」 6両基本セット, 10-1111 E657系「スーパーひたち」 4両増結セット, 全車室内灯取付済み(KATO純正品), 方向幕貼付済み (残有り), 走行歴はほとんどありません,
  • 肩こりの頻度

    A. 頚椎と頭蓋骨を連結する筋肉群のうち深背筋の中の頭半棘筋、頭・頚板状筋が肩こりに関係するが、この二つは肩甲骨を含む上肢とは連結していない。

    B. 肩甲骨を含む上肢と脊椎を連結する筋群

    肩甲挙筋:初めの3~4個の頚椎の横突起から起始し、肩甲骨内側縁の上角から肩甲棘にかけて停止する。肩甲骨の挙上、支持、回旋に働き、第3,4,5頚神経前枝より支配されている。


    大菱形筋:第2~第5胸椎の棘突起と棘上靱帯から起始し、肩甲棘下方の肩甲骨内側縁に停止する。機能は小菱形筋と同じで、第5頚神経由来の肩甲背神経に支配されている。

    C. 肩甲骨と上腕骨を連結する筋肉

    棘上筋:棘上窩の骨壁内側2/3から起始し、上腕骨大結節に付着する。肩の0度から90度までの外転に働く。肩甲上神経(第5,6頚神経)の支配を受ける。  

    肩こりを訴える疾患は臨床的に、原疾患が明らかでないもの、整形外科疾患に伴うもの、そしてその他の専門科の疾患に伴うものの三つに大別される。

    A.原疾患が明らかでない「肩こり」

    1)ストレス:精神的なものやクーラーによる冷えすぎなど
    2)不良姿勢:猫背、長時間のコンピューター作業など
    3)運動不足:なで肩など

    B.整形外科的疾患に伴う「肩こり」

    1)変形性頚椎症:頚椎の退行変性で起こった変形による頚部痛や肩こりに対して下される診断名である。
    2)頚椎椎間板ヘルニア:頚椎椎間板が後方に突出し頚椎や頚髄を圧迫して起こった症状に対して用いられる診断名である。
    3)頚椎捻挫:別名は外傷性頚部症候群である。多くは追突による交通事故で被追突者が訴える多彩な症状で、レントゲンやMRI検査で異常が認められない場合に下される診断名である。
    4)頚椎後縦靱帯骨化症:頚椎椎体後方に存在する後縦靱帯が骨化・肥大し、頚髄を圧迫して症状を起こす疾患である。
    5)胸郭出口症候群:胸郭と上肢肩甲帯の間に存在する神経・血管叢が圧迫されて上肢の神経・血管症状を呈する症候群である。
    6)頚肩腕症候群:首から肩、腕にいたみや、しびれ、こり、脱力を訴え原因不明のものの総称である。
    7)肩関節周囲炎(五十肩):特に誘因がなく中年以降に生じる有痛性の肩関節制動症である。
    9)繊維筋痛症:原因が不明で多発性の筋・骨格痛、疲労感、睡眠障害を特徴とし、特に肩、腕、背部の痛みとこわばりが多い。CRPは陰性である。

    C.その他の専門科の疾患の伴う「肩こり」

    1)高血圧症
    2)狭心症
    3)貧血
    4)更年期障害
    5)うつ病
    6)眼精疲労:目の調節障害あるいは視力調節障害
    7)風邪
    8)歯周病、咬合不全

    [70歳・男性]
    10年前より右肩がこっていたが、最近ひどくなったので来院した。理学所見では頚椎の運動性は良好で、神経学的にはSpurling testも含め正常であった。圧痛を右僧帽筋に認めた。

    図2 頚椎の単純X線検査で第5および6頚椎椎体の変形と第5-6頚椎と第6-7頚椎の椎間腔の狭小化を認めたので頚椎病変を疑って機能撮影を追加した。

    クラシック

    図3 機能撮影で、第5-6頚椎と第6-7頚椎の椎間板に病的な不安定性は認めなかった。

    図4 MRI検査
    矢状断像;左はT1強調画像、右はT2強調画像である。第3-4,4-5,5-6,6-7頚椎椎間板の変性と脊椎管への膨隆を認め、第4-5,5-6頚椎椎間レベルでは硬膜嚢の圧迫と頚髄の圧排を認めた。

    諸検査の結果、患者の右肩こりは、第3-4頚椎椎間板ヘルニアによる症状と判断し(図2,3,4)、頚椎牽引を処方した。連日2週間の頚椎牽引で肩こりは落ち着いた。

    1)「肩こり」は、日本国民の有訴率のなかで男性では2番目、女性では1番目と非常に頻度の高い訴えである。
    4)頚椎疾患、肩関節疾患など多くの整形外科疾患の一症状として肩こりがあるが、レントゲンやMRI検査で原疾患が診断できれば、原疾患の治療が有効である。

    1)日本整形外科学会:よくある病気 4.肩こり、http://www.joa.or.jp/jp/index.asp、2006
    2)伊藤正男、井村裕夫、高久史麿編集:医学大辞典、医学書院、東京、2003
    3)厚生労働省:世帯員の健康状況 自覚症状の状況、平成16年国民生活基礎調査の概況、http://www.mhlw.go.jp/toukei/saikin/hw/k-tyosa/k-tyosa04/3-1.html、2006
    4)杉岡洋一監修:学生版 ネッター医学図譜 筋骨格系I、丸善株式会社:2-23、2005
    5)山鹿真紀夫:肩こり・胸郭出口症候群、整形外科56:929~935、2005
    6)石川家明監修:40代からの首こり肩こり解消法.旬報社、東京、2003
    7)矢吹省司、菊池臣一:肩こりの病態―青壮年と高齢者の比較.臨整外38:31~35、2003
    8)矢吹省司、菊池臣一:肩こりの病態―鍼・灸治療院で治療を受ける肩こりと病院で治療を受ける肩こりの比較.臨整外40:9~12、2005

    80s Canadian Sweater Co.Ltd. Cowichan
    © Copyright Kurume University Medical Center All right reserved.